不動産鑑定事務所のノウハウで、お客様をサポート!! 福島市の売買不動産はTakakanにお任せください!!

福島県福島市北五老内町1番3号
福島法曹ビル2F

現在の物件数

【売買】

  • 全新着物件数
  • 一般公開物件数
  • 最終物件更新日
 
  

 

  会員登録  売却相談・査定 鑑定部のご案内 

 

新築戸建 仲介手数料 最大無料

当社3つの目標

○ 地域で信頼一番店を目指すこと。

○ 数多くの不動産情報を提供し、不動産選びのお手伝いをすること。

○ お客様の安心安全取引をサポートし、保証すること。

 

福島市内の不動産の需給動向

福島市の不動産マーケットの現状

賃貸アパートや賃貸マンションも含めると、福島市には約11.7万戸の住宅が現存します。

福島市の持家率(自己所有の戸建住宅やマンション等)は約65%、76,000戸ですが、毎年その約1%強が売却物件として市場に出てきます。

毎月70戸から80戸の中古住宅が市内で新たに売り出されることになり、そのうち30%程度は建物が解体撤去され、土地(更地)として売り出されます。新規の分譲住宅を加えると毎年600区画程度の土地が新たに供給されています。

福島の需要面はどうでしょうか。団塊ジュニアといわれる35~40才人口が福島市には約2万人程おり、そのうち毎年約1,000人の人が市内で不動産探し、住宅取得の行動を始めるといわれています。その他の人を含めると毎年2,000人の人が不動産を探していることになり、売却と購入の需給はほぼバランスしていると言えるでしょう。

この4~5年、福島第一原発の事故で福島市に避難していた方々が、双葉郡内のふる里への帰還をあきらめ、福島市に土地や中古住宅を求める動きが目立つようになりました。あくまでも推計ですが、市内の売土地は250件程度、売家の在庫は400件程度となって、需給のバランスは回復しつつあります。

なお、賃貸のアパートや賃貸マンションは、被災者向けに県が一括借り上げを実施したために、極端な供給不足が生じていましたが、新築アパートが急増したため賃貸物件の在庫は800件程度となっています。

中古物件を取引する場合、建物の安全性・耐震性が最も気をつけなければならないことですが、福島市内に限っていえば、3.11の大震災で問題のある建物は、ほとんど崩壊するか解体撤去されたので、現存する中古住宅は、まず、耐震性には問題ないといえます。

 

不動産会社選び、7つのポイント

(1)お客様第一主義を貫いている会社か否か?

(2)「使命感」「誇り」「志」をもって仕事をする会社か否か?

(3)売上至上主義の会社か否か?

(4)「オトリ広告」「売却済の物件」をホームページに載せていないか?

(5)透明性のある会社か否か?

(6)情報の公開原則を守る会社か否か?

(7)マイナス情報の確認